Zoomの便利機能

[テレワーク] オンライン参加時にカメラ映えして印象良く魅せる方法 [飲み会]

成人式がオンライン参加になった
カメラ越しの印象をもっとよくしたい

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、成人式がオンラインで行われる自治体が増えているようです。

もしかしたら久しぶりに再会する人もいるかもしれない。

そんな時、できるだけ印象良く見せたいですよね。

私は普段、在宅勤務や取引先との会議でオンラインの会議システムを使っています。また、オンラインのスピーチ会でベストスピーカーに選ばれたこともあります。

実際に、オンラインでカメラ越しにいろいろな方を見ていて気付くのが、映り方によって、印象がだいぶ違うこと。

残念ながら、オンライン会議では、いくらきれいに化粧をされていても、全体が暗いとほとんどわかりません

画面が暗いと、本人の印象も暗くなってしまいます。

のら
のら
印象だけの問題なのに、損してしまいますよね 

オンラインでの印象は、対面の場合とは全く異なります。ココを抑えるだけで、与える雰囲気ががらっと変わります。

そこで、本記事では、オンラインでカメラ映えする方法について説明します

カメラ映えって、女子のはなし…?
のら
のら
男性もポイントを抑えると、確実に好印象 

現時点では、どのような形式で成人式が実施されるのかはわかりません。もしかしたら双方向をカメラで繋ぐことはないかもしれません。

しかし、普段のミーティングやオンライン飲み会、オンラインの婚活などでも使えるテクですので、ぜひ活用してください。

オンラインできれいに映る3ポイント

オンラインできれいに映るためのポイントは以下の3つです。

  1. 照明を明るくする
  2. バランスのよいレイアウトにする
  3. 背景を工夫する

順番に説明していきます。

部屋をできるだけ明るくする

部屋が暗いと画面自体も暗くなってしまいます。

最もよいのは自然光ですが、なかなか外から参加するのは難しいですね。そんな時は、蛍光灯を利用しましょう。

気をつけなければいけないのは、蛍光灯と自分との位置関係

のら
のら
蛍光灯を背にすると、逆光のように顔が暗く写ります。

できるだけ、蛍光灯の方を向いて映るのがオススメ

机の位置が決まっているから、蛍光灯に向かって座れないんだけど…?

デスクの位置関係などで、調整が難しい場合もありますよね。

そんな時はカメラやPCデスクライトなどを置き、影ができないようにしましょう。

特におすすめしたいのは、リングライト。これは自分もここぞというときに使います。

顔に光が当たると、明るくもなりますし、肌がよりきれいに見えます

印象良く見せるためのカメラの位置とレイアウト

カメラは上からとるように設置しよう

オンラインでは、カメラの位置も重要です。

によってレイアウトが変わります。

カメラは下に置くより、若干上から映すほうが印象よく見えます。

カメラ

ノートPCのカメラを利用していて、位置調整がうまくいかない場合は、USBなどで接続できるWebカメラを利用しましょう

スマホを使用しているなら、コンパクトな三脚を使うと高め位置設定できます。

Logicool(ロジクール)
¥6,800 (2022/09/26 11:05時点 | Amazon調べ)

顔全体と肩下くらいまでの位置に調整しよう

カメラの位置と同時に気をつけたいのが距離感と画面レイアウト

たまに、頭しか映っていなかったり、逆に顔が切れている方がいます

表情が全体的に見えずに不自然。かといって、アップ過ぎるのも、威圧感をあたえたり、相対的に顔が大きく見えるので、NGです

顔全体と肩の少し下くらいまで映るように調整すると、表情もよく見えますし、バランスもよくなります。

カメラは肩の下くらいが映るように。

そして、調整は接続前にしておきたいですね。

相手に見られながらカメラの位置をあーだーこーだ変えているのは、見ている方からも気になります。

SkypeやZoomの場合、参加前にカメラテストができます。画面で見ながらちょうどいい位置に調整しましょう。

カメラテストの方法はこちらの記事内にありますので、参考にしてください。(接続確認やマイクテストもあるので、合わせて実施することをおすすめします。)

Zoomを使う前準備。インストールから接続テストまで 昨今の働き方改革に加え、コロナ禍の影響により、テレワークやオンラインミーティングが急速に増えて...

背景はなるべくシンプルに。バーチャル背景も有効活用しよう

本人だけでなく、後ろにうつりこむものも印象を大きく作用します。

洗濯物が映ってしまうというのはもってのほかですが、片付いていない部屋などはあまりいい印象になりません。

おすすめは壁を背にして映る方法です。

余計なものが映らないので、雑多な印象を与えません。部屋のレイアウト的に難しい場合は、パーテーションなどの導入を検討してもいいでしょう。

もっと手軽にお金をかけずに背景をきれいにしたいなら、バーチャル背景

無地に近いものから、テーマのあるものなど、なりたい雰囲気に合わせてカスタマイズが可能。

きれいに見せるなら、最初はなるべく白やベージュに近いシンプルな背景を使うのがおすすめ。

バーチャル背景の設定についてはこちらの記事を参考にしてください。

Zoomのバーチャル背景の設定方法Zoomのバーチャル背景の設定の方法と、バーチャル背景の入手について書いていきます。...

用途に合わせて、背景をコントロールしよう。バーチャル背景はお手軽

ソフトの補正機能も使える

上記3つは必ず気をつけてほしい点ですが、加えて、ソフト上で加工するという手もあります。

使うのは、Zoomソフトの補正機能

特に肌がきれいに映りますので、一度使って試してみるのもいいでしょう。

毛穴やしみなども目立ちにくくなるので、男性にも有効です。やり方は以下の記事を参考にしてください。

オンラインでの印象アップ。Zoomで外見補正や明るさ調整する方法オンラインミーティングでの印象を良くするために。Zoomのソフト側でできる補正機能について説明します。...

まとめ

オンラインでカメラ映えして印象をよくする方法について

オンラインでカメラ映えさせる方法
  1. 部屋は明るく。デスクライトやリングライトも活用
  2. 画面レイアウトは、顔全体と肩が映るように調整
  3. カメラは上からうつすように調整
  4. 背景はシンプルに。バーチャル背景も◎
  5. ソフトの補正機能も肌をきれいにみれる